アシカの名前の由来は?オットセイやアザラシとの違いとは

名前の由来

アシカといえば、アシカのショーなどで水族館ではイルカと並ぶ芸達者な人気者。
アシカはどのような生き物なのでしょうか。
よく似ているアザラシやオットセイとの違いも含めて解説します。

アシカの名前の由来とは?鹿?ライオン?ロバ?

アシカの名前には、大きく2つの由来があります。

アシ…葦、葦の生えている湿地帯に生息する
シカ…鹿を意味する言葉の「アシシカ(葦鹿)」が「アシカ」となった説

 

アマ…海に生息する
シカ…鹿を意味する言葉の「アマシカ(海鹿)」が「アシカ」となった説です。

なぜアシカは「鹿」と言われたのか

メスの鹿は角がなくアシカに似ていたからだといわれています。
アシカは漢字では「海驢(海のロバ)」、
英語では「シーライオン(海のライオン)」と表されます。

海のライオンと言われる由来

アシカの鳴き声の大きさがライオンのように大きいからです。
見た目や鳴き声などのアシカの特徴が、様々な動物に当てはめられて、
現在のアシカという呼び方につながったのですね。

アシカの詳しい生態とは?泳ぎが得意で長生き

アシカは3種類生息していて、

カリフォルニアアシカとガラパコスアシカ、ニホンアシカに分類されます。

野生のアシカはアラスカ南東部~メキシコ中央部に住み、
繁殖はカリフォルニア湾の暖かい海域で行われます。

泳ぎが非常に上手く、その速さは時速30㎞ほどにもなります。
潜水時間も15分と長く、哺乳類の中でも長い間潜ることができる生物です。
肉食で、魚や貝、イカ、タコなどを食べます。

群れを作って生きていきますが、エサの多い地域ではその群れも大きくなります。
野生で約17年、飼育の場合は約30年もの寿命になるようです。

高い知能を持っていて、芸を一度思えると忘れません。
人の言葉を論理的に理解するという研究結果もあるほどです。

飼育下で警戒心が解かれると、好奇心旺盛で人によく懐きます。
こうした性質によって、アシカは芸で私たちを楽しませてくれるのですね。

アシカとオットセイ、アザラシ。その見分け方と特徴は?

それぞれの特徴と違いはこのようになります。

アシカ…「耳介」という耳たぶに似たものがある。
後ろ足を立てて陸でも歩くように移動できる。
皮膚の表面がツルツル
オットセイ…同じアシカ科。しかしオットセイ属となる。
アシカより小型。
アシカ同様、後ろ足を立てて陸を歩くように移動できる。
「耳介」がアシカより大きい。
毛深い
アザラシ…「耳介」がなく耳の穴が空いているだけ。
後ろ足で立てず、陸では這うか転がる移動。
動きが遅いため芸に不向き

見分けるポイントはどこ?

ぱっと見た判断では、耳介が無ければアザラシ。
耳介があって毛深いのがオットセイ。
耳介があって皮膚がツルツルしているのがアシカ、と判断できそうですね。

アザラシの名前の由来は?

アザラシは

アザ…痣(体の黒い斑点が痣に見られた)
ラ…之
シ…獣
で「痣のある獣」という意味を表し、アザラシとなったようです

違いを少しでも知っておくと楽しめる!

アシカの特徴や名前の由来、オットセイとアザラシとの違いについて解説しました。
水族館に行く際は、ぜひ実際にその違いを確認して楽しんでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました