ミヌエットにどんな名前をつけたいですか?とっても珍しい猫

ネーミング

実はミヌエットは2015年4月まで「ナポレオン」と呼ばれていました。原産国はアメリカです。体は小さく可愛らしい印象だけど、筋肉質でがっしり体形。好奇心旺盛で色んなものに興味をもって遊びます。ペットショップでもなかなか見かけない程、日本では希少種にあたるミヌエット。どんな名前が似合うか色々と考えてみました。

珍しいからこそ名前も

日本においても希少ですよね
ではそんな猫ちゃんを家族として迎え入れられたとしたらそれはそれはしっかりじっくり名前を考えてあげたいと思いませんか?
アイデアやヒントをいろいろしたに取り上げています

昔の名前をヒントに

「レオン」「レオ」「ナポリ」「ヒロ(英語:Hero)」
ミヌエットは2015年4月まで「ナポレオン」と呼ばれていましたので、その「ナポレオン」からいくつか名前を考えてみました。

「ナポレオン」の名称からまず「レオン」や「レオ」少しいじって「ナポリ」。
英雄を英語にして「ヒロ」はどうでしょうか

単純だけど自然な発想

「みーちゃん」
ミヌエットの名前の「ミ」を使ってそのまま「みーちゃん」。猫の品種名から名前を考える。これはもう定番ですね。でも呼びやすく可愛らしい名前だと思います。

「レア(英語:Rere)」
ミヌエットの育種にあたって毛色が安定しないなど固定した猫種とわかりずらい点があり、一部の血統登録団体ではミヌエットを新猫種と認めていないんですね。

そのため日本での認知度が低く珍しいとのことから「珍しい」と英語にして「レア」と名付けてみました。

特徴を生かして

「むぎ」「こむぎ」「シロ」
ミヌエットの毛色はあらゆる色が存在するんですね。その毛色から名前を考えるのも一つです。例えば茶色若しくは白なら「むぎ」「こむぎ」「シロ」。色から想像力を膨らませて考えるのも楽しいですね。

色をベースに名前を考えるというのはいいアイデアですね
ペットの名前を色で考える

性格も考えたい

「ワイズ(英語:Wise)」「サージュ(フランス語:sage)」
ミヌエットは好奇心旺盛で色んな事に興味をもって行動しますが、とても賢くしつけに困ることはあまりないようです。

「クリッカートレーニング」といった音のなる道具を使ったトレーニングをすることができ色んなことを学んでくれます。新しいことを覚えてくれたら、より一緒にいることが楽しくなりそうですね。そんな賢い一面を英語又はフランス語で呼んで「ワイズ」「サージュ」と名付けてみました。

名前にしたい要素満載

しっかりじっくり考えてほしいなと思うのでこのページは参考にしてほしいと思っています
ペットの名前を探す方法(アイデア)をここに凝縮しています
ペットの名前がわかりやすい!可愛い名前のアイデア満載

見た目は小さく可愛らしいミヌエット。

2015年4月まで「ナポレオン」と呼ばれていたのでその「ナポレオン」から色々と名前を考えたくなりますね。男の子なら「レオン」と付けたくなりますね。なんかカッコいいし呼びやすいです。猫の誕生の歴史や毛並みなどの特徴から是非呼びやすく可愛らしい名前を考えてみてくださいね。

コメント