フェレットの名前を考えるときのヒント! 性格の良さを生かして

ネーミング

「猫よりも懐(なつ)きやすい」と言われるぐらい、フェレットは懐きやすい、人懐っこい事で有名です。また、ファームと呼ばれるフェレットの繁殖場で血統の管理がなされている関係で、非常に飼いやすいです。

ペットとしてはまだまだマイナーで「名前なら何となく知っている」程度の方が多いのではないでしょうか。ですが動画などを見てみると芸を覚えるフェレットもいるようで、今後、人気を集めそうな予感がします!さて、そんなフェレットに似合う素敵なネーミングを考えてみましょう。

フェレットは可愛くて人懐っこい

インスタ映えする予感!
フェレットの人懐っこさ、愛くるしさは写真をとるのも楽しいひと時になると思います
動きも可愛いですが、いろいろな角度や場面での画像がとにかくかわいいのです。 下のほうにも書いていますが実は芸も覚えられるんですよ

ではどんな名前をつけたいですか?

フルート、クラリ、ちくわ、コッペ

フェレットの第一印象で「細長い動物だな」と思った人は少なくないはず。フェレットの大きな特徴ですよね。

この「細長い印象」をネーミングのヒントにするのも良いですね。

例えば、楽器で細長いものだったら「フルート」や、クラリネットから「クラリ」はいかがでしょうか?食べ物なら「ちくわ」、コッペパンから「コッペ」などなど。

言葉の響きだけを考えると

フェレットの語源は「Furo(泥棒)」というラテン語の言葉からきています。泥棒をそのまま名前にすると少し可哀想な気もするのですが 英語にすると「シーフ(thief)」です。

言葉の響きだけを考えると格好良い名前になりそうですね。因みに他の外国語にしてみると、以下のとおりになります。

ヴォラール(voleur)[フランス語]
ロイバー(Räuber)[ドイツ語]
ラドロ(ladro)[イタリア語]
ダオゼ [中国語]

言葉の意味よりも言葉の響きをポイントにするというパターンですね

バーガー、メープル、ロッキー

冒頭でも少し触れましたが、フェレットは「ファーム」と呼ばれるフェレットの繁殖場で血統の管理や野生化防止(避妊手術)などがなされています。

日本のペットショップで取り扱われているフェレットのほとんどはファームから輸入した子です。

このファームのある国はカナダ・アメリカが多いようです。そこで、アメリカやカナダで有名なものの名前を連想してみました。

カナディアンロッキーから「ロッキー」、ハンバーガーやメープルなど

もちろんファームは他の国にもあるので、ペットのフェレットの生まれ故郷に合わせて可愛い名前を探してみるのも良いですね。

ジーニアス

フェレットは、頑張れば芸も覚えるようです。
お手や飼い主さんの指示で転がったり、「バーン」と銃で撃つしぐさをすると倒れたり。とっても賢いのです。

そこで、期待を込めて「ジーニアス(genius)」と名付けてみませんか?「天才」という意味です!天才を他の国の言葉にしてみますね。

名前のヒントになるかもしれません。

ジェーニオ(genio)[イタリア語]
メガロフィア(μεγαλοφυία)[ギリシャ語]
テンチャイ(天才)[中国語]
チョンゼ(천재)[韓国語]

フェレット人気急上昇中です

フェレットはSNSで大活躍しそうですね
「可愛らしい見た目」、「人懐っこい性格」、「芸も覚える」フェレットはインスタ映えしそうですね。

まだまだマイナーなペットの印象がありますから、SNSにアップすれば、珍しいのでかなり注目度も高いと思います。

そんな夢のあるペット“フェレット”に、是非素敵な名前を付けてあげて下さい。

コメント